《九霄の彼方》

河西公則による雑記ブログ

自民党「減税勢力」は正義の味方か

 本記事では、安藤議員や青山議員らの自民党若手有志からなる「減税勢力」についての筆者の個人的な考えを紹介します。

「減税勢力」は正義の味方か

 先ずは結論から申し上げますと、「減税勢力」は正義の味方などではなく

 単なるガス抜き要員

に過ぎない可能性が否めないと思っています。以下ではその理由を説明します。

なぁぜ自民に残ってんだ(!?)

 「減税勢力」が自民のガス抜き要員に過ぎないと考えられる理由は、なんといっても彼らが自民党に残り続けていることです。

 

 「減税勢力」がその名の通り減税を訴えていることは一見国民のためを思っているように思えるのですが、彼らが属する自民党党全体としては減税する気などさらっさら存在しないばかりか、逆に将来的には更に増税しようと企んでいる銭ゲバ政党です。

 

 何らかの組織に属する者がその組織の非を暴く*1場合、通常であればその組織を離れるはずです。

 

 ゴールドマンサックスのグレッグ・スミスやミートホープの赤羽喜六、そして元NHK職員で現在は「NHKから国民を守る党」の党首である立花孝志がその例です。

 

 悪の組織に不満を持ちながらその組織に属したままでいるのは無意味とは言わないまでも意義に乏しいことであり、外部から見ればその組織の悪事を容認しているのと見分けがつきません。というか素人考えでも馬鹿げていると分かるはずです。

 

 しかし「減税勢力」の面々は、あろうことか今なお自民党に属したままです。

 

 彼らは消費減税を掲げながらも、安倍晋三麻生太郎二階俊博などの増税派の銭ゲバ屑野郎が牛耳っている自民党に属したままなのです。

 

 更に不思議なことは、減税を掲げる彼らが自民党に属しているにもかかわらず、軒並み銭ゲバ屑野郎が占めている自民党上層部(安倍・麻生・二階など)に潰されていない他、自民党からも追い出されていない点です。

 

 普通に考えれば、自民党内で大きな影響力を持っている銭ゲバ屑野郎にとっての「減税勢力」は単なる邪魔者でしかないので、是が非でも排除するはずです。

 

 にもかかわらず「減税勢力」が自民党内で生き残っているということは、恐らくは自民党の集票要員として利用されているのではないかと思われます。

自民党に残り続ける理由(?)

 「減税勢力」が自民党に残っている理由として考えられるのは以下の通りです。

  • 自民党を乗っ取ろうと思っている
  • 自民党から莫大なカネを受け取っている
  • 自民党上層部から脅されている*2
  • 単に勇気がない、あるいは乗り気でないだけ
  • 大勢で抜けようと思っているが、現段階では同志が少なすぎる
  • 自民党に愛着を感じている
  • 実は自民党のガス抜き要員でしかない

他にもあるかもしれません。

 

 高給取りであるNHKの職員を辞めてまでもNHKの不正や悪事を世間に訴えた立花孝志氏の例を見れば、「減税勢力」がいうところの消費減税その他の提言はあまり信用できないと思われます。

 

 もし仮に「減税勢力」が大勢で抜けようと思っていても、その必要はないと思われます。確かに大勢で抜ければ自民党に与える影響も非常に大きなものとなりますが、別に彼らがのうちの誰か一人が抜けたとしても、その影響は決して小さくはないはずです。

 

 実際、先ほどの例にも出てきた立花さんは単独でNHKを辞めましたが、NHKにも世間にも大きな影響を与え、2019年7月の参議院選挙では当選しました。

 

 自民党上層部から脅されていたり、あるいは単に乗り気でないかもしれませんが、それでは気概のない腰抜けと見られても仕方ありません。本当に現在の自民党が気に食わないならば、踏ん切りを付けて離脱するのが筋であるはずです。

 

 自民党を乗っ取ろうにも、恐らくは強大な権力を誇る自民党上層部に潰されるのが落ちであり、あまり現実的ではありません。

 

 そう考えるとやはり自民党のガス抜き要員でしかないのか、と筆者は思っています。

「減税勢力」へ

 「減税勢力」の方々の主張は確かに庶民のためを思っていると考えています。

 

 しかし、このまま自民党に残り続けている限りは、所詮は自民党のガス抜き要員でしかないと思われても仕方ありません。

 

 もしここで勇気を振り絞って自民党離党に踏み切れば、庶民からの信用は今まで以上に向上するはずです。

 

 特に「日本の未来を考える勉強会」の会長を務められている安藤裕氏にはぜひとも自民党離党に踏み切っていただきたいと思っております。

 

 最後に、「減税勢力」の方々にご質問いたします。

 

 このまま自民党に属して銭ゲバ屑野郎の駒として利用されたいですか?

 

 それとも、

 

 屑自民などとは縁を切って新生日本を築き上げたいですか?

 

 

 本記事は以上です。

*1:主に内部告発

*2:スキャンダルその他の弱みを握られているなど