香料ゐっすゐの夢

数学・政治を中心とした雑記ブログ

解約に応じたがらない犬HK

f:id:k-kawanishi:20200219001347p:plain

おい、犬HK!!!

 本記事では、筆者がNHKに解約を申し入れて以後の出来事について説明します。筆者の実体験です。

 

 私は先日NHKに放送受信契約解約届を郵送しました。

 

 それから当分の間は特にNHKからの通知はありませんでしたが、解約届郵送から二週間後に とある封書 が届きました。

 

 その封書の内容は…

 …

 …

 …

 …

 …

何と、

 …

 …

 …

 …

 …

何と、

 …

 …

 …

 …

 …

なゝゝんと、

 …

 …

 …

 …

 …

放送受信料払込用紙

でした。

 

 一見にわかには信じられないように思われますが、実際に起こったことです。

 

 NHKに解約の旨を告げてから解約届その他書類が送られてきたところまでは一見何事もなかったかのように思われましたが…その後のNHKの対応は まさしく「塩対応」としか言いようがありません。

 

 もし仮に解約届を郵送したところで結局は無かったことにされた挙句、更に質の悪いことに

 

 あたかも契約が継続しているかのように受信料払込用紙を送り付ける

 

 などという鬼畜の所業を臆面もなくやってのけるのが天下御免の犯罪ヤクザ集団・NHK犬HKにほかなりません。

 

 表題にも示した通り、犬HK解約に応じる気など皆無です*1

 

 仮に解約を申し入れても、結局無かったことにされて畢るのが関の山です。

 

 正当な方法ではもはや対処がならない以上、極悪クソ屋労集団・犬HKに立向かうには

 

 受信料の踏み倒し

 

 を敢行するしかありません。NHKから国民を守る党の立花孝志党首も、この方法を推奨しています。

 

 ところで、後日NHK電凸したところ、NHKからは

  • もし解約が完了してもNHKからの連絡は一切ない
  • 受信料の過払い分の返還手続きには時間がかかる

という返答がありました。

 

 更に又別の日にNHKに再電凸したところ、解約手続き自体は解約届郵送から二日後に完了したことも分かりました。

 

 これで一応は愁眉を開いたかと思われますが…上記の返答が実は嘘っぱちで結局ぬか喜びに終わる可能性もゼロではありません。

 

 更に後のことになりますが、解約届郵送から五週間ほど後に過払い分の返金のための振替払出証書が郵送され、無事に過払い分の返金を受け取ることができました。

 

 筆者の場合、あるいは今回の場合は幸いにも過払い金が戻ってきましたが、何せ日本犯罪協会のやることである以上、他の場合では必ずしもそうとは限りません。

 

 もし解約届郵送後に払う筋合いのない受信料に関する催促が届いても、一切無視することを推奨いたします。

 

 

 本記事は以上です。

*1:たとえ正当な事由があり、それが証明されていたとしても