香料ゐっすゐの夢

数学・漢字・政治が中心のブログ

フィフィに関する気がかり

 本記事では、フィフィに関する個人的に気がかりな点を紹介します。

 

 気がかりな点はズバリ、

 

 (ひょっとしたら)

 

米国の差し金かもしれない

 

 という点です。日本第一党桜井誠と同様の理由です*1

 

 どのような点が米国の差し金かもしれないのかというと、"虫国"や"姦国"は散々に批判するくせに、(日本の"宗主国"としての)米国や"ディープステート"(ロスチャイルドやロックフェラーなど)についてはほぼ触れていない点です。

 

 竹中平蔵(李平蔵、ケケ中屁蔵)、経団連の悪質さ・悪行についてフィフィは(少なくともほぼ)触れていません。稀にディープステートに関して本当に少しだけ触れることはありますが、やはり竹中平蔵経団連には触れていません

 

 これではガス抜き客寄せ熊猫と疑われても仕方ありません。

 

 (山本太郎中共による異教徒への弾圧・臓器売買・民族浄化などの人権蹂躙や周辺国への侵略その他の悪行には一切触れていない点も筆者にとっては気がかりですが)

 

 更に質(タチ)の悪いことに、フィフィは自身が投稿している動画の多くにおいて、あたかも米国が常に正義であるかのように主張しています*2

 

 特に、裏では親中べったりと噂されるバイデン大酋長政権が本気で中共と敵対していると思わせるような主張を繰り返しており、筆者にとっては印象操作を疑わざるを得ない心持です。

 

 最後にもう一度まとめます。

 

 フィフィは、"虫国"や"姦国"は散々に批判するくせに、米国やディープステートについてはほぼ触れていないことから、(ひょっとしたら)米国やディープステート(あるいはグローバリスト)の差し金である可能性が無視できないと筆者は思っています。

 

 桜井誠ほどではないにせよ、フィフィには決して薄くはない差し金疑惑があるのではと思っています。

 

【追記】

 

 以前は本記事で述べたような懸念を抱いていましたが、フィフィは後に竹中平蔵を糾弾する内容の動画を投稿しました。

 そのため、以前に比べて懸念は多少薄れました。

 

 ただ、まだまだ信用に値するほどではありません。

 

 

 

*1:ただ、桜井誠については他にも気がかりな点があります(桜井誠に関する気がかり参照)。

*2:フィフィ自身がそう思っていようがいまいが