香料ゐっすゐの夢

数学・漢字・政治が中心のブログ

天下の愚策・レジ袋有料化

 おい、

 

 小泉進次郎!!!

f:id:k-kawanishi:20200219001347p:plain

 二〇二〇年七月に小泉進次郎(小泉次郎)の馬鹿垂れが施行した「レジ袋有料化」は、世にもまれな天下の愚策であると筆者は思っています。

 

 主な理由は以下の通りです。

  • 庶民にとって事実上の増税である
  • レジ袋の窃盗が増加する
  • 海洋ゴミの減少には寄与しない

 上記の他にも、

  • エコバッグが作られても依然レジ袋も作られる
  • エコバッグは実は不衛生である
  • エコバッグの売れ残りは結局ゴミになる

のような理由も挙げられますが、以下では先に述べた主な理由のみについて説明します。

庶民にとって事実上の増税である

 第一には、レジ袋有料化は庶民にとって事実上の増税も同然である点です。

 

 レジ袋は買い物の際に買った品物を入れて持ち運べる点において優れていることは重々承知かと思われます。

 

 特に、なんとなく立ち寄ったコンビニで複数の商品を買った場合であれば、より一層重宝するに違いありません。

 

 ところがレジ袋が有料化されると、買った商品の値段に加えてレジ袋の料金も取られることになり、増税されたも同然となります。

 

 又、店員の側も、レジ袋が必要か否かを客に聞く手間が増えるハメになるため、とばっちりを被ります。

 

 確かに、レジ袋が有料化されたとしても一枚五円ほどなので、それくらいなら払えば良いのではないかと思う向きもあるかもしれません。

 

 しかし、大家族であるなどの事情により買い物の頻度が高い場合、もし毎度の買い物の都度レジ袋を必要とするならば、レジ袋の分の出費が嵩んでバカにならなくなります。

 

 以上のことだけ見ても、レジ袋有料化は庶民にとって何の得にもならない愚策であることは容易に推察されるはずです。

レジ袋の窃盗が増加する

 第二には、レジ袋の窃盗が増加する点です。

 

 買った品物を入れるのみならず、上履き入れやごみ袋など様々な用途を有するレジ袋の恩恵は大きいものです。

 

 ところが、レジ袋が有料化されると、従来ほど容易には入手しづらくなります。

 

 先に述べた通り用途の広さ故に恩恵の大きいレジ袋であれば尚更です。

 

 そうなると、今まで無料で入手できたレジ袋を相変わらず無料で入手しようと、窃盗に手を出す者も現れかねません。

 

 このことからも、レジ袋有料化は愚策と言わざるを得ません。

海洋ゴミの減少には寄与しない

 第三には、建前である海洋ゴミの減少には全く役に立たない点です。

 

 レジ袋の使用量を減らすことで、海に流出するレジ袋を減らすことがレジ袋有料化の建前ですが、そんなことは海洋ごみの割合を見れば単なるデタラメに過ぎないと分かります。

 

 環境省の調べ*1では、日本各地の海岸に漂着するゴミのうち、プラスチックが占める割合は

  • 重量では23.3%
  • 容積では48.4%
  • 個数では65.8%

となっています。

 

 (データは平成三〇年のものですが、令和三年現在でも大きな変化はないと思われます)

 

 これだけ見れば、レジ袋有料化は一見効果があると錯覚してしまうかもしれません。 

 

 しかし、ここからがミソですが、これらのうちポリ袋(≒レジ袋(?))が占める割合は、

  • 重量では0.4%
  • 容積では0.3%
  • 個数では0.6%

しかありません。

 

 漂着ごみ全体に占める割合に直すと以下のようになります。

  • 重量では0.09%
  • 容積では0.15%
  • 個数では0.39%

たったこれだけの量のゴミを減らしたところで、ゴミの総量は殆ど変わりません。

 

 そもそも、諸外国を凌駕する莫大な量の海洋ごみを垂れ流している国は"虫国"である為、もし本気で海洋ごみを減らそうと思っているならば、"虫国"に文句を言わなければならないはずです

 

 先ほどと同じ資料によると、海洋に流出したプラスチックごみの重量(一年あたり)は以下の通りです(二〇一〇年推計)。

  • 1位:"虫国"(132~353万 t/年)
  • 2位:インドネシア(48~129万 t/年)
  • 3位:フィリピン(28~75万 t/年)
  • 20位:米国(4~11万 t/年)
  • 30位:日本(2~6万 t/年)

以上より、"虫国"は平均して日本の五五倍以上ものプラごみを海に垂れ流していることが分かります。

 

 仮に日本のプラごみ流出量が零になったとしても、とてつもない量のプラごみが"虫国"から流れてくるため、所詮は焼け石マグマに霧吹きでしかありません。

 

 以上より、お門違いも甚だしいレジ袋有料化は愚策と言わざるを得ません。

まとめ

 今までに説明してきたように、

  • 庶民にとって事実上の増税である
  • レジ袋の窃盗が増加する
  • 海洋ゴミの減少には寄与しない

などの弊竇しかないレジ袋有料化は、庶民にとっては百害あって一利なしの愚策としか言いようがありません。

 

 このような愚策など一刻も早く撤回されるべきです。

 

 又、この悪名高いレジ袋有料化を打ち出した小泉進次郎クソッタレは、今度は「太陽光パネル設置義務化」などという中共真っ青な"財産権の侵害"をしでかそうと企んでいます。

 

 大事なことなので、最後にもう一度繰り返します。

 

 レジ袋有料化は、庶民にとっては百害あって一利なしの愚策としか言いようがありません。