香料ゐっすゐの夢

数学・漢字・政治が中心のブログ

ウイグル『ジェノサイド』国会議員アンケートの結果

 本記事では、チャンネル桜が全国会議員に対して行ったアンケートとその結果を紹介します。引用文が中心で、本記事に貼られたリンクは全て外部リンクです。

 

 先ずは全国会議員へ送付された公開質問状の全文を紹介します。チャンネル桜 | ウイグル『ジェノサイド』国会議員アンケートからの引用です。

国会議員各位への公開質問状

衆議院議員参議院議員)殿

 

 間もなく訪れる衆議院選挙、そして来年の参議院選挙に向け、国民として、是非、議員各位の見解、御立場をお聞きしておきたい事案があり、私たちは全国会議員の皆様にアンケート調査を行うことを決めました。

 それは過去から現在まで続いている中国政府によるウイグル人チベット人南モンゴル人、香港人等への大量虐殺や野蛮で残酷な人権侵害についてです。中国共産党政府は、今もなお、いや、さらに国内における政治的文化的抑圧と人権弾圧を強化し続けています。最近報道されているウイグル人に対するジェノサイドは、百万人以上といわれる強制収容所への収容や虐殺、臓器売買、洗脳教育、民族語使用の禁止、ウイグル人女性に対する集団レイプ、ウイグル人の子供を作らせないための強制不妊手術等、かつてナチスドイツがユダヤ人に対して行った残虐行為を上回る人道に反した民族抹殺行為が実行されています。

 米国政府(トランプ政権、バイデン政権)も、中国共産党政府によるこれらの政治行為をジェノサイド(大量虐殺)だと認定し、また、欧州各国やカナダ等の自由民主主義諸国でも、認定や抗議の声を上げております。しかし、我が国の政府、外務省は、中国政府のこれらの人権弾圧と虐殺をジェノサイドとは言えないと、認定を拒否しております。

 そこで議員各位に、ジェノサイドについてのみ、質問を絞り、アンケート質問をさせていただきます。

【質問】貴方は中国政府がジェノサイドを行っていると認めますか。

一、ジェノサイドと認める。

二、ジェノサイドとは認めない。

三、多数の人権侵害や弾圧はあるが、ジェノサイドとは言えない。

四、わからない。

五、答えることを拒否する。

六、その他 (その理由や説明をお書きください)

 

 以上、もし、お答えをいただけない場合は、中国政府によるジェノサイドを「黙認」するお立場だと判断させていただきます。

 

令和三年四月十六日

 

日本文化チャンネル桜 代表取締役 水島 総

アジア自由民主連帯協議会 会長 ぺマ・ギャルポ

ネット番組「ウイグルの声」イリハム・マハムティ

グリスタン・エズズ

南モンゴルクリルタイ(世界南モンゴル会議)

会長 ショブチョード・テムチルト

 上記の公開質問状に対する全国会議員の最終的な回答結果は以下の通りです。Uighur.pdfからの引用です(形式は一部変更しています)。

【質問】貴方は中国政府がジェノサイドを行っていると認めますか。

 送付数 709通

 回答数 157名

   (内訳)

1.ジェノサイドと認める。 81名

2.ジェノサイドとは認めない。 1名

3.多数の人権侵害や弾圧はあるが、ジェノサイドとは言えない。4名

4.わからない。 8名

5.答えることを拒否する。 4名

6.その他 (その理由や説明をお書きください) 55名

受取拒否 2名

回答拒否 2名

未回答 552名

  何と、八割弱もの国会議員が未回答という有様でした。

f:id:k-kawanishi:20200219001347p:plain

 このように返答をよこさない国会議員は、国会議員としての責任を全く果たしていないことになります。

 

 そして、全議員の八割弱を占める"未回答"の議員には、

といった有名な面々が軒並み名を連ねています*1

 

 ちなみに、稲田朋美は一応"その他"という返答をよこしています。

 

 極度な媚中政党と噂される公明党は、その噂通り誰一人としてジェノサイドと認める者はいませんでした

 

 そもそも、それ以前に大多数の公明党議員は"未回答"であり、国会議員としての責任を全く果たしていません。

 

 更に悪いことに、志位和夫をはじめとする日本共産党議員は衆参両院とも全員が未回答でした。

 

 日本共産党は表向きは中国共産党を批判していますが、所属議員全員が未回答だったことを考えると、実のところはそうではないかもしれません。

 

 日本共産党と思想信条の近いれいわ新選組も同様です。

 

 国政政党(の関係者)としては珍しく、米国やディープステート、経団連竹中平蔵を糾弾しているれいわ新選組(+山本太郎)ですが、中共によるジェノサイドにはダンマリを決め込みました*2

 

 そして何より、所属党派や無所属を問わず大多数の国会議員(〆て全体の八割弱)が"未回答"でした。先にも述べたように、これらの国会議員は全く責任を果たしていないことになります。

 

 このアンケート一つだけを取っても、現在の国会議員のほぼ全員が

 無責任なロクデナシ

であることが窺い知れると言えるでしょう。

 

 

 

*1:二階俊博などの自民幹部に関しては当然の結果かもしれませんが。

*2:但し、山本太郎は当アンケート実施時に国会議員でなかったため、アンケートの対象外です。