香料ゐっすゐの夢

数学・漢字・政治が中心のブログ

アシタノワダイに関する気がかり

 私事で恐縮ですが、約一か月ぶりの投稿です。

 

 さて、本記事ではYouTuberの「アシタノワダイ」及びそれを母体とする政治団体である「アシタノワダイ党」に関する気がかりな点について説明します。

 

 二〇二一年七月二五日、松阪市議会議員選挙においてアシタノワダイ党の公認候補(建前上は無所属)である小川とも子氏が立候補し、見事当選を果たしました。

 

 ゆくゆくは国会議員の総取っ替えを目論むアシタノワダイ党が"初白星"を上げたことは確かに素晴らしいことですが、その一方で筆者は懸念を抱いています。

 

 その懸念とは………

 

 少なからず影響力を有する既存の政治団体やその関連組織*1が背後についており、その影響を少なからず受けている点です。

 

 筆者がそう思う理由は、アシタノワダイ党公認の新人候補(建前上は無所属)が当選したことです。

 

 凡百の政治団体の公認候補であれ無所属候補であれ、既存の大政党の公認・推薦(又は何らかの援助)を受けていない候補が初出馬で当選するのは、決して容易なことではありません。

 

 ところが今回の松阪市議会議員選挙においては、既存の大政党と何ら関係を有しない*2新人候補である小川候補が当選しています。

 

 確かに、アシタノワダイはYouTuberとしての影響力が大きい為に収益も多く、選挙費用は何とか工面できると思われます。

  

 しかし、カネばっかしがいくらあっても選挙には勝てません

 

 選挙には「地盤(=後援組織)・看板(=知名度)・かばん(=資金)」の、いわゆる「三バン」が必要と言われるように、莫大な資金の他にも知名度の高さや後援会組織のような後ろ盾も必要となります。

 

 そのため、裸一貫から身を起こそうとしている駆け出しの新人候補は、よほどの幸運に恵まれない限りはほぼ確実に落選します。

 

 しかし、何度も繰り返したように駆け出しの新人候補である小川候補は当選しています

 

 以上のように考えると、小川候補の背後にはやはり少なからず影響力を有する組織が後ろ盾としてついている可能性は無視できない、と筆者には思えてなりません。

 

 坂本龍馬カネは誰が出したかという疑問と同じような理屈です。

 

 坂本龍馬は日本中を駆け回り、海外からは軍艦や大量の武器を購入していました。

 

 当然、それには莫大な資金が必要です。

 

 そこで出てくるのが、その莫大な資金は一体どこから出てきたのかという問題です。

 

 坂本龍馬は確かに非凡な才能の持ち主であり、金稼ぎには十分長けていたと思われます。

 

 しかし、日本中を駆け回ったり、海外から軍艦や大量の武器を購入したりするほどの莫大な資金を龍馬一人が生み出したと考えるのは流石に無理があります

 

 更に、海外との貿易ともなると、資金力のみならず幅広い人脈も必要となります。

 

 このことを考えるに、龍馬の背後には強大な資金力・影響力を有する組織がついていたと考える方が筋が通っているように思えます。

 

 実際、その組織はフリーメーソンではないかとも言われています。

 

 さて、アシタノワダイ党に話を戻しますが、理屈としては龍馬のカネと同じではないかと筆者は思っています。

 

 知名度も資金力も絶望的に乏しいはずの新人候補が当選*3したという事実に鑑みれば、アシタノワダイ党の背後に(強大な、というほどではないにせよ)少なからず資金力・影響力を有する組織がついていた可能性は無視できません。

 

 更に話は変わりますが、YouTuberとしてのアシタノワダイにもまた気がかりな点があります。

 

 政治関連の動画にはわざわざ出典を示している他、過去にはYouTubeから"制裁"を喰らった事ことがある点に鑑みれば、(当ブログを含む)凡百の情報源*4よりは信用できると筆者は思っています。

 

 しかし、多数の真実の中に少しの嘘を巧妙に織り交ぜて印象操作を図っている可能性も無視できません

 

 又、(新規の視聴者を呼び込むためかもしれませんが)淫猥かつ低俗な動画(主に性的な内容のもの)を濫発している点も筆者には気がかりに思えてなりません。

 

 極端な見方では、実はアシタノワダイもまた"ディープステート"の傀儡で、この世の"真実"に気付いた"覚醒市民"をたぶらかすのが目的で、一見"ディープステート"の闇を暴いているように見えるのは偽旗作戦の一環ではないかとも思っています。

 

 しかし、たとえ表向きだとしても、腐り切った世の中を変えるべく実際に行動を起こしている点は評価に値すると筆者は思っています。

 

 

 

*1:一説には幸福実現党幸福の科学

*2:もしかしたらそれは建前で、実際は裏でこっそり繋がっているかもしれませんが…

*3:それもギリギリでの当選ではなく"下の上"での当選で

*4:マスごみは論外